ハイト眞露、日本の焼酎市場の攻略に拍車をかける=韓国報道

ハイト眞露、日本の焼酎市場の攻略に拍車をかける=韓国報道

ハイト眞露、日本の焼酎市場の攻略に拍車をかける=韓国報道(画像提供:wowkorea)

ハイト真露(HITE JINRO)が攻撃的なマーケティングで日本焼酎市場の攻略に乗り出した。

ハイト真露は19日、日本国内での新しい「チャミスル」のテレビCMを公開し、新製品「チャミスルトクトク」を発売すると明らかにした。積極的な現地マーケティングによって昨年に続き今年も販売量の上昇傾向が続く見込みだ。

19日から「チャミスル」の新なテレビCMを開始するハイト真露は、今年、さまざまな活動で日本市場の攻略に乗り出す。昨年12月に韓国のロマンスドラマのパロディー広告が累積再生数347万回を記録し、大きな話題となった。その余勢を駆って第2弾を制作し、今回、日本全国でテレビCMを放送する。CMの映像はYoutubeを通じて事前公開された。

また、新製品「チャミスルトクトク」の発売によって、製品ラインナップを強化する。「チャミスルトクトク」にはマスカット味とスモモ味の2種類があり、容量は275ml、アルコール度数は5%の炭酸が加味されたリキュール製品だ。炭酸の清涼感とともに豊かな果物の味と香りで日本現地の消費者の味覚を狙った。

ハイト真露は2020年に日本焼酎市場の反騰に成功した。昨年の日本への焼酎の輸出額は前年比で約27%増加し、上昇傾向が続いた。

ハイト真露は、日本国内の成長の秘訣として現地化戦略を挙げた。特に、家庭チャンネル攻略が功を奏したと伝えた。セブンイレブン、ミニストップなど全国のコンビニと日本最大のスーパーチェーンであるイオングループやローソンなどのローカル売り場に「チャミスル」、「マスカットエイスル」など主要製品を納品して消費者のアクセスと利便性を高めた。

2020年からはブランド認知度向上のため、日本でチャミスル初のテレビCMを開始した。また、オンラインYouTubeチャンネルを通じてハイト真露のブランドをアピールした。持続的なブランド露出と20〜30代の若者向けのさまざまなプロモーションは製品販売につながった。

ハイト真露海外事業本部のファン・ジョンホ専務は「日本の若者層を中心に、韓国の焼酎が多くの人気を集めている」とし、「さまざまなマーケティング活動や営業力の拡大により、日本市場内の酒類トレンドを先導する」と語った。

関連記事(外部サイト)