26人が乗った観光船が救助要請後に連絡途絶える「浸水で沈みかかっている」=韓国報道

26人が乗った観光船が救助要請後に連絡途絶える「浸水で沈みかかっている」=韓国報道

26人が乗った観光船が救助要請後に連絡途絶える「浸水で沈みかかっている」=韓国報道(画像提供:wowkorea)

北海道沖で26人が乗った観光船が救助要請後、行方不明になった。日本の海上保安庁は現在、該当船舶を捜索しているが、行方が分からない状況だ。

共同通信とNHKは23日(きょう)、この日午後1時15分、北海道の知床半島沖で26人が乗った観光船から浸水による救助要請があったと報じた。

報道によると、「KAZU1(カズワン)」という名のこの観光船は「船首部分が浸水し、沈みかかっている」として「船体が30度ほど傾いた」と海上保安庁に救助要請した後、行方不明になった。

該当の観光船には乗客24人と乗務員2人が搭乗していた。彼らは全員救命服を着用していた。

海上保安庁はヘリなどを送って事故現場を捜索中だ。しかし、午後5時30分までに船舶と搭乗者が発見されることはなかった

現在、事故現場周辺の海域では高波が起きている。この日出港した漁船も午前中に港に戻ったほどだった。

関連記事(外部サイト)