韓国次期大統領の日韓政策決議団が訪日、岸田首相との面談日程を調節中=韓国報道

韓国次期大統領の日韓政策決議団が訪日、岸田首相との面談日程を調節中=韓国報道

韓国次期大統領の日韓政策決議団が訪日、岸田首相との面談日程を調節中=韓国報道(画像提供:wowkorea)

韓国次期大統領であるユン・ソクヨル(尹錫悦)氏の日韓政策協議代表団が4泊5日の日程で日本を訪問するため、24日(きょう)に韓国を出国した。ユン氏の親書を持って日本に向かった協議団が岸田文雄首相と面談するかどうかに関心が集まっている。

「国民の力(党)」のペ・ヒョンジン報道官はこの日午前、ソウル・チョンノ(鍾路)区トンイ(通義)洞の大統領職引継ぎ委員会でブリーフィングを行い、協議団の岸田首相との面談について「首相との面談日程を調整しており、日本に訪問した成果についても政策協議団が直接発表する」と明らかにした。

協議団は今月27日に岸田首相と会談するという。ただ、ペ報道官は面談の確定について「現段階で確認したり、知っていることはない」と述べた。

ユン氏は協議団を通し岸田首相に親書も渡すものとみられる。ユン氏側の関係者はこの日、記者団に対して「(協議団がユン氏の)親書は持っていった」とし、「内容は政策協議団以外の誰も確認できない」と述べた。

協議団の団長を務めたチョン・ジンソク国会副議長はこの日午前、インチョン(仁川)国際空港で取材陣と会い、「さまざまな問題によって長期間、日韓関係が硬直し膠着状態に陥っていたが、今回の新政府発足に合わせて新しい出発のモメンタムを十分に生かさなければならないという認識を両国が共にしているものと考える」と明らかにした。

続いて、「日本の各界関係者と会い、長期間放置されてきた日韓関係を早期に改善復元するために、両国の共同利益のために共に努力しなければならないというユン氏の意思を伝える」とし、「ユン氏は最悪の状態のまま放置されてきた日韓関係を改善し、正常化させることが韓国の国益に合致するという認識を持っている」と述べた。

さらに「北朝鮮の相次ぐ挑発、ロシアによるウクライナ侵攻のような急変する世界秩序の不確実性の中で日韓両国の協力、日米韓の伝統的な協力関係の復元と正常化は朝鮮半島と北東アジアだけでなく、世界平和と繁栄に大きく寄与することになるという点を認識し、日韓間の密度ある対話を始める」と付け加えた。

ペ報道官によると、協議団はこの日、日本留学中に日本人を助けようとして命を失った義人、故イ・スヒョン(李秀賢)さん(1974〜2001)を称えることで、最初の日程を始める。イさんは2001年1月26日、東京新宿区にあるJR新大久保駅で線路に落ちた日本人を助けようとして列車にひかれて死亡した。

ペ報道官は「イ・スヒョンさんの崇高な犠牲を忘れず、日韓の友好を切実に望んでいたという故人の意志を称え、冷え込んだ両国関係を溶かす第一歩になるよう心を固める場だ」と説明した。

協議団は外務省などの行政府、財界、メディア界、学界と面談を進める。競技団は訪日期間中に安倍晋三元首相や菅義偉元首相との会談も推進している。

特に、来月10日に開かれるユン氏の大統領就任式への岸田首相の出席案が話し合われる見通しだ。岸田首相が大統領就任式に出席する場合、ソウルで日韓首脳会談が開催される可能性がある。

ノ・テウ(盧泰愚)元大統領(1988年)、ノ・ムヒョン(盧武鉉)元大統領(2003年)、イ・ミョンバク(李明博)元大統領(2008年)の就任式に現職の日本首相が出席して日韓首脳会談を開催した前例がある。イ・ミョンバク元大統領の竹島訪問で急速に悪化した日韓関係によって、パク・クネ(朴槿恵)前大統領の就任式には日本の首相が出席せず、ムン・ジェイン(文在寅)大統領は就任式なしに任期を始めた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?