「北朝鮮による弾道ミサイル試験発射を糾弾」=ドイツ外務省

「北朝鮮による弾道ミサイル試験発射を糾弾」=ドイツ外務省

「北朝鮮による弾道ミサイル試験発射を糾弾」=ドイツ外務省(画像提供:wowkorea)

ドイツ政府が北朝鮮による弾道ミサイル試験発射を糾弾した。

ドイツ外務省は6日(現地時間)、報道官による声明を通じて、「北朝鮮は国際法に反する弾道ミサイルの試験発射を継続しながら、国連安全保障理事会の決議を明らかに違反し、国際的、地域的安定を危険にさらしている」と明らかにした。

続けて、「北朝鮮が安保理決議案を完全に履行し、米国と韓国の対話提案に応答することを促す」とし「大量破壊兵器と弾道ミサイル開発プログラムの完全かつ不可逆的で検証可能な終結のために、信頼できる措置を取ることを北朝鮮に促す」と強調した。

韓国合同参謀本部によると、北朝鮮は4日にピョンヤン(平壌)市のスナン(順安)一帯から日本海(韓国名:東海)に向けて弾道ミサイル1発を試験発射した。これによって、今年に確認された武力挑発は14回目となる。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?