北朝鮮によるミサイルに「最後まで安保隙間ないように」=韓国文在寅大統領

北朝鮮によるミサイルに「最後まで安保隙間ないように」=韓国文在寅大統領

北朝鮮によるミサイルに「最後まで安保隙間ないように」=韓国文在寅大統領(画像提供:wowkorea)

北朝鮮のミサイル発射と関連して、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は7日、「任期最終日まで緊張感を持ってほしい」として軍と外交安保省庁に呼びかけた。

文在寅大統領はこの日、北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と推定される短距離弾道ミサイル発射と関連して、「韓国軍と外交安保省庁は任期最終日まで緊張感を持って、安保態勢に隙間がないように最善を尽くしてほしい」と指示した。

この日午後4時頃、韓国大統領府は北朝鮮の弾道ミサイル発射と関連して、ソ・フン(徐薫)国家安保室長の主宰のもと、国家安全保障会議(NSC)常任委員会の緊急会議を開いた。参加者らは北朝鮮の弾道ミサイル発射が国連安保理決議違反であり、朝鮮半島と地域、国際社会に深刻な脅威となることを改めて指摘し、これを糾弾した。また、北朝鮮が連続的なミサイル発射を中断し、外交を通じた解決の道に復帰することを強く促した。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?