正恩氏が公の場で「マスク着用」、新型コロナ感染者を初めて明かした北朝鮮

正恩氏が公の場で「マスク着用」、新型コロナ感染者を初めて明かした北朝鮮

正恩氏が公の場で「マスク着用」、新型コロナ感染者を初めて明かした北朝鮮(画像提供:wowkorea)

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)総書記がマスクを着用する姿が初めて公開された。

12日、朝鮮中央TVは新型コロナウイルス感染者が確認されたことを初めて明かし、労働党中央委員会政治局会議が新型コロナウイルスに関する議題を取り上げて開催されたと報じた。

この過程で、金総書記はマスクを着用し会議場に入ってくる姿を公開。金総書記が新型コロナウイルス流行後、マスクを着用して公式の場に登場したのは、今回が初めて。また、会議場で待機していた幹部らもマスクを着用していた。金総書記は、発言の直前にマスクを取って机の上に置き、会議を進行したという。

公式の場で金総書記がマスクを着用する姿が公開されただけに、北朝鮮内部の新型コロナウイルス状況は「深刻と予想される」と韓国メディアは伝えた。

これまで世界的に新型コロナウイルスが流行していた際にも、感染者の発生を公式的に認めていなかった北朝鮮だが、今回初めて感染者の発生を発表。国家防疫体系は「最大非常防疫体系」に引き上げられた。

関連記事(外部サイト)