北朝鮮で初の新型コロナ感染者確認「最大非常防疫体系」突入=韓国報道

北朝鮮で初の新型コロナ感染者確認「最大非常防疫体系」突入=韓国報道

北朝鮮で初の新型コロナ感染者確認「最大非常防疫体系」突入=韓国報道(画像提供:wowkorea)

北朝鮮で、新型コロナウイルス変異株であるオミクロン患者が、12日に発生した。北朝鮮で新型コロナ感染者が確認されたのは今回が初めてだ。北朝鮮は「国家最重大緊急事件」とし、最大非常防疫体系の移行に突入した。

朝鮮中央通信はこの日、「わが国にステルス・オミクロン変異ウイルスが流入する緊急事態となった」と明らかにした。続いて「国家防疫事業を最大非常防疫体系に移行する」とし「国家緊急防疫司令部が国の防疫事業全般を厳格に掌握、指揮する」と伝えた。

新型コロナ感染者が確認されたため、北朝鮮は朝鮮労働党中央委員会第8期第8次政治局会議を党中央委員会本部庁舎で招集し、国家防疫体系を最大非常防衛体系に移行することにするなどの対応に乗り出した。政治局会議にはキム・ジョンウン(金正恩)北朝鮮国務委員長も参加した。

キム委員長は「最大非常防疫体系の基本的な目的は、新型コロナウイルスの感染拡大を安定的に抑制、管理し、感染者を早く治癒させ、感染源を最短期間内になくすことにある」と強調した。

続いて「われわれにとって悪性ウイルスよりも危険な敵は、非科学的な恐怖と信念不足、意志の弱さ」と述べた。

キム委員長はまた、「全国のすべての市、郡で自身の地域を徹底的に封鎖し、事業単位、生産単位、生活単位別に封鎖状態で事業と生産活動を組織し、悪性ウイルスの感染空間を完璧に遮断せよ 」と指示した。続いて「前線と国境、海上、空中で警戒勤務を一層強化し、国防に空白が生じないよう万全を期す」ことを強調した。

キム委員長は「党と政府は、今のような非常時を予想し備蓄しておいた医療品の予備を動員するための措置を取る」とし「今回の最大非常防疫体系の基本目的は、新型コロナウイルスの感染拡大を安定的に抑制、管理し、感染者を早く治癒させ、感染源を最短期間内になくすことにある」と述べた。

関連記事(外部サイト)