尹大統領、北朝鮮に新型コロナワクチン支援へ「具体的な支援策は協議」

尹大統領、北朝鮮に新型コロナワクチン支援へ「具体的な支援策は協議」

尹大統領、北朝鮮に新型コロナワクチン支援へ「具体的な支援策は協議」(画像提供:wowkorea)

韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)大統領が北朝鮮住民を対象に新型コロナウイルスワクチンをはじめとする医薬品を支援する予定だ。北朝鮮が連日、武力挑発を強行していることとは別に、人道主義的支援は惜しまないという「ツートラック」戦略を図っているものとみられる。

カン・インソン大統領室報道官は13日、書面ブリーフィングを通じて「最近、北朝鮮では新型コロナウイルスの大流行で感染が疑われる人が急増しているとわかっている」とし「具体的な支援策は北朝鮮側と協議していく予定」と明らかにした。

先立って北朝鮮は前日、朝鮮中央通信報道を通じて新型コロナウイルスの感染者発生を初めて認め、最大非常防疫体系に転換したと発表した。新型コロナウイルスが全国的に拡散している北朝鮮は隔離者が18万人を超えており、死亡者も6人発生したと伝えられた。

これに対して大統領室の関係者はこの日午後、取材陣に「ワクチンと医薬品だが、医薬品はもう少し具体的に話してみなければならない」とし「解熱剤、鎮痛剤、マスクなどになるのではないかと思う」と説明した。

続けて「ワクチンと関連医薬品ということで大きな立場を決めたため、今後の議論過程で具体化しそうだ」と付け加えた。ただし、北朝鮮との協議方式については、「まだそのような段階までいっていない」と述べた。

これに尹政府が北朝鮮の新型コロナウイルス発生状況について人道的支援の可能性を開いておいたことに対する措置と解釈される。前日、カン報道官は「尹大統領が就任演説で北朝鮮との対話の可能性に言及しただけに、北朝鮮に新型コロナウイルス防疫支援計画があるのか」という取材陣の質問に「人道主義的次元の支援は例外だと理解している」と述べた。

関連記事(外部サイト)