ライブ公演市場、ソーシャルディスタンスの解除で復活…販売額267%↑=韓国

ライブ公演市場、ソーシャルディスタンスの解除で復活…販売額267%↑=韓国

ライブ公演市場、ソーシャルディスタンスの解除で復活…販売額267%↑=韓国(画像提供:wowkorea)

コロナのソーシャルディスタンス解除により、韓国でライブ公演市場に爆発的な反応が起きていることが分かった。

13日、チケット予約インターパークによると、今年第2四半期(4~6月)に開催されるライブの販売金額は、昨年同期比267%増となった。第2四半期に開催されるライブの回数も、昨年の246回から今年は353回へと43.5%増加したものと集計された。

インターパーク関係者は、ライブ売上額および公演増加理由について「客席間の空席や人員制限などの防疫指針がなくなり、公演1回当たり収容可能な観客数が大幅に増加し、人気公演は売り切れる場合も多いため」と分析した。

第2四半期に開催される353回のライブの中で10日までに前売りが完了したチケット販売数量を見ると、フェスティバル、アイドル、トロット、バラード、バンドなど多様なジャンルの公演が均等に人気を得ていることがわかった。

この中でライブランキング1位の公演は、27〜29日チャムシル総合運動場補助競技場で開かれる「2022ソン・シギョンライブ」となった。また「NELL」(ネル)、Bolbbalgan4(赤頬思春期)、「EpikHigh」(エピックハイ)、イ・ソクフン、イ・ムンセなどの単独コンサートも上位圏を占めた。

関連記事(外部サイト)