EU、ウクライナにタンク・重火器など5億ユーロの追加支援を実施

EU、ウクライナにタンク・重火器など5億ユーロの追加支援を実施

EU、ウクライナにタンク?重火器など5億ユーロの追加支援を実施(画像提供:wowkorea)

欧州連合(EU)がウクライナに5億ユーロ(約672億円)相当の追加軍事支援を実施すると、EUのボレル外交・安保政策高位代表が明らかにした。ロシア侵攻後、EU27ヵ国のウクライナ軍事支援は20億ユーロ(約2690億円)に達する。

EUのジョセップ・ボレル代表は13日、主要7ヵ国(G7)外相会議が開かれるドイツで記者団に対し、このように話したとロイター通信などが伝えた。追加支援がタンクや大砲などの重火器支援に活用されると見ている。

ボレル代表は「軍事的支援のための新しい活力になるだろう」とし「経済制裁と国際的孤立、虚偽情報に対する対応と共にロシアに対するプレッシャーを加速するだろう」と説明した。

また、数日内にロシア産原油に対する禁輸措置に対するEU内の合意がなされるものと見据えており、「私たちが合意するということを確信する。大使レベルで合意できなければ、長官会議で合意を試みる」と付け加えた。

これに先立ち、ボレル代表は4月初め、EUのウクラ軍事支援に10億ユーロ程度に留まっている際、「欧州諸国がロシア石油やガスなどのエネルギー購入でロシアに1日に与えるお金が10億ユーロ」と指摘した。

ボレル代表は、エンリケ・モラ欧州対外活動庁事務次長がイランを訪問し、イランの核交渉と関連した主要争点について話し合った結果、イランの回答が肯定的であるため、交渉再開が可能だろうと見ている。

関連記事(外部サイト)