プーチン大統領、「ウクライナとの交渉は事実上中断」

プーチン大統領、「ウクライナとの交渉は事実上中断」

プーチン氏"交渉事実上中断"

プーチン大統領、「ウクライナとの交渉は事実上中断」

プーチン大統領、「ウクライナとの交渉は事実上中断」(画像提供:wowkorea)

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は14日(現地時間)、「ウクライナとの交渉は事実上中断している」と述べた。

ロシア国営メディア「RIAノーボスチ通信」は14日、プーチン大統領はこの日、フィンランドのニーニスト大統領と電話で会談し「ウクライナは、真剣で建設的な対話に関心がない」とロシア大統領府が明らかにしたと報じた。

プーチン大統領とニーニスト大統領が電話会談したのは、ウクライナに侵攻したロシアによって安保上の脅威を感じたフィンランドが、NATO(北大西洋条約機構)加盟を公式化したためだ。

これに先立ち、ニーニスト大統領は「私たちがNATOに加入するのは、あなたたち(ロシア)が自ら招いたことだというのが私の答えだ。自ら振り返ってほしい」と発言している。

ロシア大統領府はこの日「プーチン大統領とフィンランド大統領は、フィンランドが発表したNATO加入の意思について、率直に意見を交換した」と説明した。

ロシア大統領府によると、プーチン大統領はニーニスト大統領に「伝統的な軍事中立政策を放棄するのは間違いだ。フィンランドの安保に脅威にならないため」と語ったという。

プーチン大統領は続いて「このような国家外交政策の変化は、長年にわたる互恵関係に否定的な影響を及ぼしかねない」と述べたと、ロシア大統領府は伝えた。

「ロシアは、NATOが対決を目標にしていることを指摘し続けている」とRIAノーボスチ通信は報じた。ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は「スウェーデンとフィンランドがNATOに加入する可能性をロシアに対する実存的脅威と見なさない」と述べたとも、同メディアは報じている。

関連記事(外部サイト)