JTBC「特派員25時」にも出演…キーウ大学韓国語科教授、戦闘中に死亡=韓国報道

JTBC「特派員25時」にも出演…キーウ大学韓国語科教授、戦闘中に死亡=韓国報道

JTBC「特派員25時」にも出演…キーウ大学韓国語科教授、戦闘中に死亡=韓国報道(画像提供:wowkorea)

ウクライナ・キーウ国立大学韓国語科のDenys Antipov教授が戦闘中に死亡したことが伝えられた。

14日(現地時間)、ウクライナの現地情報を伝えるブローカー兼軍人Operator Starskyさんは自身のYouTubeコミュニティーに、Denys Antipov教授の写真と共に「持って生まれた歩兵であり、頭脳明晰で韓国語が堪能だった友人Denysがヨーロッパとウクライナの自由のために命を捧げた。ゆっくり休むことを願う」という文章を掲載した。

Denys Antipov教授は今年3月、韓国JTBC「特派員25時」に出演していた。番組では、在韓ポーランド人で「非頂上会談(アブノーマル会談)」に出演していたプシェムスワブ・クロムピエツの友人と紹介された。彼は当時、入院中の状況で映像メッセージを送った。

Denys Antipov教授は「私はウクライナ軍中尉として服務している。数日前に入院したが、ロシア軍隊はわれわれ(ウクライナ)国民を標的にミサイル、爆弾などを使用している」と述べた。続けて、「われわれが領土や家、家族を守るためだけではないことを知ってほしい。国土侵奪に抵抗して戦うつもりだ。国際社会がわれわれを支持することを願う」と伝えていた。

関連記事(外部サイト)