「選挙のたび利用される」…女優キム・ブソン、李在明氏と同じ選挙区での出馬「誤報」に怒り

「選挙のたび利用される」…女優キム・ブソン、李在明氏と同じ選挙区での出馬「誤報」に怒り

「選挙のたび利用される」…女優キム・ブソン、李在明氏と同じ選挙区での出馬「誤報」に怒り(画像提供:wowkorea)

韓国女優キム・ブソン(60)が16日、最大野党「共に民主党」イ・ジェミョン(李在明)総括選対委員長が出馬した国会議員補欠選挙「インチョン(仁川)ケヤン(桂陽)乙」選挙区に、与党「国民の力」が自身を公式推薦することを検討中との誤報について「とてもひどい」と述べた。

キム・ブソンはこの日、自身のYouTubeチャンネルに「仁川桂陽区無所属出馬説?」というタイトルの映像を投稿した。彼女は映像で「政権も変わったから演技者として公正な機会が訪れると思っていたけど、またキム・ブソンを桂陽乙に公式推薦するというフェイクニュースがあって、悪質なメッセージに心を痛めている」と訴えた。

キム・ブソンはまた、「国民の力」キム・ギヒョン議員が最近、ラジオ番組で李総括選対委員長について「前科4犯に無償恋愛疑惑に関わった方」と言及したことを置き、内心を吐露した。

彼女は「私は政治家ではない。選挙のたびに私を呼んで利用し、選挙が終われば子どものおもちゃのように捨てられる」とし、「与野党指導部から支持者の皆さん、キム・ブソンを忘れてほしい。女優キム・ブソンとして覚えていてほしい」と伝えた。

関連記事(外部サイト)