中国、オミクロン株より感染力が強い「ステルス・オミクロンより感染力が高い」BA.2.12.1を初確認=韓国報道

中国、オミクロン株より感染力が強い「ステルス・オミクロンより感染力が高い」BA.2.12.1を初確認=韓国報道

中国、オミクロン株より感染力が強い「ステルス・オミクロンより感染力が高い」BA.2.12.1を初確認=韓国報道(画像提供:wowkorea)

中国で、オミクロン株より感染力が強い「ステルス・オミクロン」よりも感染力が20%ほど強い「BA.2.12.1」が初めて確認された。

18日、中国の健康紙報によると、中国疾病管理予防センター(CCDC)は先ごろ、週刊紙「CCDCウィークリー」にオミクロン株より感染力が強い変異株が中国国内に海外から初めて流入した事例を紹介。

この患者は27歳の中国人男性で、先月23日ケニヤ・ナイロビを出発し広東省・広州に到着した。この男性は、他の搭乗者と共に指定ホテルに移動し14日間の隔離に入っていたが、先月27日、新型コロナウイルス検査で陽性と確認されていた。

中国当局は先月30日、この患者の検体を追加検査した結果、「ステルス・オミクロン」とも呼ばれる「BA.2」よりも感染力が20%ほど強いBA.2.12.1変異株を確認した。

なお、この男性は「直近14日間、感染者と接触したことはない」と明かしており、現在は広州の病院に移って治療を受けている。

関連記事(外部サイト)