米海軍作戦部長が「台湾の軍事力強化」を主張…中国側は「内政干渉」と反発

米海軍作戦部長が「台湾の軍事力強化」を主張…中国側は「内政干渉」と反発

米海軍作戦部長が「台湾の軍事力強化」を主張…中国側は「内政干渉」と反発(画像提供:wowkorea)

米国のマイケル・ギルディー海軍作戦部長が17日、中国の潜在的リスクに対応するために台湾が軍事力を強化する必要性を訴えた。中国側は「内政干渉だ」と反発している。

中国外交部の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は、「米国は一方で台湾が中国の一部だと認めながら、もう一方では大陸(中国)が台湾を侵略するリスクを喧伝している。また、一方で台湾独立を支持しないと言いながら、もう一方で国務省のホームページから『台湾は中国の一部』『台湾独立を支持しない』といった文句を削除したりしている。こういった矛盾する行為は、米国が『一つの中国』という立場を本当に堅持しているのか、その厳格性と有効性に疑いを持たせる」と批判した。

その上で、「信頼を裏切ることは自身のイメージを損なうだけでなく、相応の代償をともなう。(米国が)台湾問題において約束に違反するならば、必ず歴史的な懲罰を受けることになるだろう」とけん制した。

関連記事(外部サイト)