貯水池に「女性の変死体」?昆池岩に捨てられたリアルドールに錯覚

貯水池に「女性の変死体」?昆池岩に捨てられたリアルドールに錯覚

貯水池に「女性の変死体」?昆池岩に捨てられたリアルドールに錯覚(画像提供:wowkorea)

韓国・キョンギ(京畿)道クァンジュ(広州)市コンジアム(昆池岩)にある貯水池に捨てられた“リアルドール”を死体と間違えるハプニングが起こった。

去る17日、韓国のオンラインコミュニティーには「写真を撮っていたら変死体を発見した男」というタイトルの文章が投稿された。投稿者は「最近、食事をするため昆池岩に出かけたら、とても驚く出来事があった」と口火を切った。

文章によると、投稿者は貯水池で写真を撮っていたところ、おかしな物体を発見。「風景写真を撮っていて、何かあるなと感じて近づいたら指が見えた」とし、「横には抜けた髪の毛が見えて、誰が見ても遺棄された白骨死体だった」と当時の状況を説明した。

すぐに警察に連絡しようとした投稿者はおかしな点を見つけた。「見続けていると、リアルドールだった。こんなものをなぜ貯水池に捨てるのか分からない」と伝え、「狂いそうだったが、落ち着いた。本当に怖くて死ぬかと思った」と打ち明けた。そして、「どんな人だか知らないけど、あなたが捨てたリアルドールを持ち帰りなさい。廃棄物ステッカーを貼って捨てなさい。5000ウォン(約500円)がもったいなからって何をしているのか」と一喝した。

これに接したネットユーザーらは「鳥肌もの」、「なぜあそこに捨てるのか」、「夜に見たら気絶しそう」などの反応を見せた。

一方、軽犯罪処罰法第3条第1項11号によると、汚い物や使えない物をむやみに捨てた場合、10万ウォン(約1万円)以下の罰金または過料の刑に処される。

関連記事(外部サイト)