「完売」に盗用が横行する金建希夫人の顔…「スカート・サンダル、メガネ売ってます」

「完売」に盗用が横行する金建希夫人の顔…「スカート・サンダル、メガネ売ってます」

「完売」に盗用が横行する金建希夫人の顔…「スカート・サンダル、メガネ売ってます」(画像提供:wowkorea)

韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)大統領当選以降、キム・ゴンヒ(金建希)夫人が公の場に現れるたびにファッションアイテムが毎回話題を集めている。このような状況の中、オンラインショッピングモールに「金建希」という名前で登録された商品が9000個を超えた。

24日、NAVERのショッピングページで「金建希」を検索すると国内外のオンラインショッピングモールに「金建希」という名前を利用した商品が9014個も確認されている。海外直接購入商品にも、7888アイテムが掲載されていることがわかった。

ポータルサイトに「金建希」のみ入力しても「金建希 服」「金建希 スカート」「金建希 サンダル」などが掲載され、クーパンでは「金建希 マスク」「金建希 スーツ」「金建希 サンダル」「金建希 スカーフ」などが関連検索語として出てきた。

建希夫人のファッションアイテムは公開されるたびに完売している。大韓仏教天台宗総本山であるクインサ(救仁寺)を訪問した時に着ていた「黒いスカート」、自宅付近で撮られた写真で履いていた「白いサンダル」、ファンがプレゼントした「メガネ」、「黄色いトイレットペーパー」など建希夫人のファッションは毎回大きな関心の対象になっている。

建希夫人の写真を無断で掲載したサイトもあった。ある販売者は、建希夫人が大韓仏教天台宗総本山である救仁寺を訪問した当時、撮られた写真を商品紹介写真に使用して、黒いスカートを販売していた。

有名人や一部政治家らの名前を検索してみると関連書籍・アルバムなど本人が著作権を保有している商品が出てきたり、広報モデルとして活動中のブランド製品の場合のみ商品名に本名を使用することができる。

しかし、建希夫人の場合、顔が入っている写真を商品写真に掲示した販売業者もいるほど、オンラインショッピングモール内での盗用が激しいことがわかった。

これは建希夫人の姿が公開されるたびに、彼女が着用したファッションアイテムが爆発的な人気を集めて、あっという間に品切れとなる状況に便乗しようとするものと見られる。

関連記事(外部サイト)