北朝鮮、禁煙キャンペーン継続中なのに金正恩氏はあちこちで喫煙…かつて李雪主夫人が「聞いてくれない」と漏らしたことも

北朝鮮、禁煙キャンペーン継続中なのに金正恩氏はあちこちで喫煙…かつて李雪主夫人が「聞いてくれない」と漏らしたことも

北朝鮮、禁煙キャンペーン継続中なのに金正恩氏はあちこちで喫煙…かつて李雪主夫人が「聞いてくれない」と漏らしたことも(画像提供:wowkorea)

公共の場所での喫煙を禁止する法を採択した北朝鮮が、今月31日の世界禁煙デーを前に禁煙キャンペーンを続けている。

しかし、最高指導者であるキム・ジョンウン(金正恩)総書記は新型コロナウイルス感染拡大の状況でも公式の場で幹部たちとは違い、マスクを外してたばこを吸う姿を見せてきた。

25日、北朝鮮の雑誌「人民保健」は、禁煙研究普及所のリ・ヒギョン所長の言葉を引用し、2020年11月に採択された禁煙法の条文を詳しく紹介。

31の条文で構成された禁煙法は、子ども保育教養機関や教育機関、医療保健機関はもちろん、公共の場所、商業・給養・簡易奉仕施設、火災の恐れがある場所や爆発の危険がある場所では喫煙できないよう規制している。

北朝鮮が、禁煙法制定2周年であることし、禁煙キャンペーンを続けているのは喫煙率を減らそうという当局の意思が強いという意味だ。

2019年、WHO(世界保健機構)の報告書「世界のたばこ利用傾向」によると、2018年の北朝鮮は、15歳以上の喫煙率が18.4%だったという。

しかしこのような社会的禁煙の努力とは違い、金総書記は公営メディアの前でも遠慮なくたばこを吸う姿を見せている。

最近、新型コロナウイルス感染拡大によって最大非常防疫体系を稼働しながらも、今月14日の朝鮮労働党中央委員会の政治局協議会でマスクを着用せずにたばこを吸う姿が見られた。

2018年の南北首脳会談の時、当時のチョン・ウィヨン韓国大統領府国家安保室長が金総書記に禁煙を勧めると、リ・ソルジュ夫人は「いつもたばこをやめてほしいとお願いしているけど、聞いてくれない」と言及していた。

関連記事(外部サイト)