「ミサイル連続挑発」北朝鮮、官営メディア報道なく「沈黙」

「ミサイル連続挑発」北朝鮮、官営メディア報道なく「沈黙」

「ミサイル連続挑発」北朝鮮、官営メディア報道なく「沈黙」(画像提供:wowkorea)

北朝鮮の主要官営メディアは26日、前日連続で発射した弾道ミサイル関連報道を出さなかった。

朝鮮中央通信や朝鮮中央放送、朝鮮労働党機関紙「労働新聞」などは同日午前7時まで、弾道ミサイル発射と関連した報道を出さなかった。北朝鮮は前日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)火星-17型とKN-23(北朝鮮版イスカンデル)と推定されるミサイル3発を発射している。

北朝鮮は通常、ミサイル発射後の翌日、官営メディアを通じて発射に関する記事を官営メディアに掲載してきた。失敗した場合は報道を控えてきた。

一方、北朝鮮はことしに入り現在までICBMを6回発射した。

関連記事(外部サイト)