サッカーブラジル代表「テーマパーク、クラブ訪問」=韓国

サッカーブラジル代表「テーマパーク、クラブ訪問」=韓国

サッカーブラジル代表「テーマパーク、クラブ訪問」=韓国(画像提供:wowkorea)

6月2日に韓国との親善試合を控えたブラジル男子サッカー国家代表チームが、韓国に入国した後、キョンギド(京畿道)ヨンイン(龍仁)に位置するテーマパーク「エバーランド」とソウル市カンナム(江南)の某クラブを訪れた姿が目撃され、話題を集めている。

28日、ブラジル代表チームのガイドを引き受けたコスモジン旅行会社は、公式Facebookを通じて「この日、ブラジル代表チームが京畿道龍仁のエバーランドを訪問した」と明らかにした。

彼らは「(代表チームは)バイキングの後席でスリルを感じるのはもちろん、ローリングXトレイン、Tエクスプレスなど絶叫マシンまで、乗り物を楽しむ姿を見せてくれた」とし「天真らんまんな表情で、エバーランドを楽しんだ」と伝えた。

この他にも同日、エバーランドを訪問した市民は、ブラジル代表チームを目撃したとし、社会関係ネットワークサービス(SNS)とオンラインコミュニティなどに写真を掲載した。

これに先立ち27日に、ブラジル代表チームがコヤン(高陽)総合運動場で初練習を終えた後、ソウルナムサン(南山)に出かけたと伝えられた。

それだけでなく、ブラジル代表チームはこの日午前、江南のクラブを訪れていた。あるツイッターには同日、代表チームがクラブに入る姿を映像公開し、「ブラジル国家代表チームは江南クラブにも行った。とても驚いた。遊びに来たというのが正しいようだ」という文を付け加えた。

該当映像を見ると、江南の繁華街路地で選手たちが皆一緒にクラブに入る様子がおさめられていた。

特に市場価値だけ9000万ユーロ(約122億円)に達するブラジルのサッカースター、ネイマール(Neymar、30、パリ・サンジェルマン)も、クラブに一緒に訪問したが、あるメディアによると、彼はこの日午前5時30分ごろまで、VIPルームでブラジル代表チームの仲間と推定される人物と滞在していたことが確認された。

メディアは、ネイマールがここで一本に150万ウォンに達するドン・ペリニヨンも含め、酒代で合計1200万ウォン(約121万円)を決済したと報道した。

関連記事(外部サイト)