中韓国防相、2年半ぶりに「対面協議」=北核問題など議論か

中韓国防相、2年半ぶりに「対面協議」=北核問題など議論か

中韓国防相、2年半ぶりに「対面協議」=北核問題など議論か(画像提供:wowkorea)

中韓の国防相が10日、2年半ぶりに顔を合わせる。北朝鮮の核、朝鮮半島情勢など両国の懸案を協議する。

シンガポールで開かれるアジア安保会議(シャングリラ会合)に出席するイ・ジョンソプ韓国国防長官はこの日、中国のウェイ・フォンホー(ギ・ホウカ/魏鳳和)国務委員兼国防相と会い、対面で会談を行う。

具体的な議題は公開されていないが、北朝鮮の核実験動向や弾道ミサイル挑発、THAADミサイル(高高度防衛ミサイル)配置などの問題を話し合うとみられている。

中韓国防相の対面会談の開催は、2019年11月タイ・バンコクで開かれたASEAN(東南アジア国家連合)拡大国防長官会議(ADMM-Plus)をきっかけとした会談以来、2年7か月ぶりとなる。

なお、韓国のイ長官は中国以外にカナダ、ニュージーランド、シンガポールの国防相とも相次いで2者会談を行う予定だ。

関連記事(外部サイト)