ロンドン・日・米で「光復香港・時代革命」叫ぶ…「香港反政府デモ」3周年記念

ロンドン・日・米で「光復香港・時代革命」叫ぶ…「香港反政府デモ」3周年記念

「香港の反政府デモ3周年」を迎え、英国・米国・日本・台湾などでは記念行事が行なわれた(画像提供:wowkorea)

「香港の反政府デモ3周年」を迎えたことから12日、英国・米国・日本・台湾などでは記念行事が行なわれた。

香港ではデモが行なわれることがない中、香港内では “国家保安法”違反とみなされる「光復香港・時代革命」という当時のデモのスローガンが、香港以外の海外で叫ばれた。

きょう(13日)香港のサウスチャイナモーニングポスト(SCMP)・AFP通信などによると、前日に日本と台湾で「光復香港・時代革命」というプラカードをもった活動家たちが集会を通して、香港反政府デモ3周年を記念した。

黒い服を身にまとった彼らは「自由のために戦い、香港と共にある」などのスローガンを叫んだ。黄色のマスクを着用し、黄色の傘をさした人たちも多かった。

2019年6月12日、「犯罪人を中国本土に送還し裁判することができる」という “犯罪人引渡法案”に反対したことから始まった香港デモは反政府デモとして拡散し、新型コロナウイルス感染症パンデミックが始まる前まで6か月以上続いていた。

「光復香港・時代革命」というスローガンと黒い服は当時のデモ隊を象徴し、黄色はデモ隊を支持する色とされている。

しかし2020年6月30日に施行された香港国家保安法により、香港では全てのデモが姿を消し、多くの民主陣営の人物たちは海外に逃避・移住した。

SCMPは「テレグラムに共有されたメッセージによると、米国・オーストラリア・カナダ・チェコ・デンマークなど40か国の都市でも、香港デモ3周年の記念集会が計画されている」と伝えた。

関連記事(外部サイト)