尹錫悦大統領、NATO首脳会談参加、金建希夫人の同行も有力=韓国

尹錫悦大統領、NATO首脳会談参加、金建希夫人の同行も有力=韓国

尹錫悦大統領、NATO首脳会談参加、金建希夫人の同行も有力=韓国(画像提供:wowkorea)

ユン・ソギョル(尹錫悦)大統領が29〜30日、スペインで開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に韓国大統領として初めて出席する。就任50日あまりで外交舞台にデビューで、特に今回の歴訪には配偶者のキム・ゴンヒ(金建希)夫人も同行するものと見られる。

キム・ソンハン大統領室国家安保室長は22日、ブリーフィングで「尹大統領はNATO会議に出席し、NATO同盟30カ国およびパートナー国家と自由民主主義に基づいた価値連帯を強化していく」と発表した。

これに先立ち、NATOは韓国、日本、オーストラリア、ニュージーランドの「アジア太平洋パートナー」4カ国の首脳を招待した。尹大統領は、北朝鮮の非核化に対する韓国政府の立場を国際社会に表明する予定だ。尹大統領のNATO首脳会議出席の意味について、大統領室は自由民主主義に基づいた価値連帯の強化、包括的安保基盤の構築、新興安保脅威に対する効果的な対応模索があると述べた。

キム室長は「NATOを構成する30の同盟国は自由民主主義、法治、人権など普遍的価値と規範を共有する伝統的な友好国」とし「北朝鮮核問題と関連した韓国政府の立場を詳細に説明し、参加国の広範囲な支持を受けるだろう」と強調した。特にウクライナ侵攻など予測不可能な国際情勢の中でNATO同盟国とともに包括的安保ネットワークを構築するのが目的だ。

今回のNATO首脳会議歴訪で日米韓首脳会談が最も注目されている。北朝鮮が相次いでミサイル挑発を敢行する中、7回目の核実験の可能性まで取り上げられるなど危機的状況だ。前日には北朝鮮の朝鮮労働党中央軍事委員会会議が開かれ、朝鮮半島に緊張感が漂っている。

日米韓首脳会談が最終確定すれば、3カ国の首脳は安保協力に焦点を合わせて膝を突き合わせるものと予想される。日韓関係の改善および対中国けん制を望むアメリカの要求にも応じることになる。大統領室関係者は「安保協力の主なターゲットは北朝鮮核問題しかない。安保協力の焦点がそれに合わせられるだろう。」と見通した。

一方、今回のNATO首脳会議には公式的な配偶者プログラムが設けられており、尹大統領夫人の金建希氏も同行できる。大統領室関係者は「できるだけ参加する方向として検討している」と述べた。

関連記事(外部サイト)