中国「コロナウイルス検出」で…台湾産マンゴーを「輸入中断」

中国「コロナウイルス検出」で…台湾産マンゴーを「輸入中断」

中国は「台湾産マンゴーから新型コロナウイルスが検出された」として、輸入を中断した(画像提供:wowkorea)

中国は「台湾産マンゴーから新型コロナウイルスが検出された」として、輸入を暫定中断した。

マカオ当局は「台湾から輸入したマンゴーの包装紙から新型コロナウイルスが検出されたことで、100キログラムを全て廃棄処分し、台湾産マンゴーの輸入を1週間暫定中断した」と先月30日明らかにした。

中国海関総署(税関)は先月23日にも同様の理由で、台湾産の冷凍アジの輸入を1週間中断している。先月初めには「発がん性化学物質と使用禁止薬物が検出された」として、台湾産のハタとタチウオの輸入中断措置を下した。

中国は昨年2月と9月にも「台湾産のパイナップルと熱帯果物であるバンレイシ(釈迦頭)とワックスアップル(蓮霧)から有害生物が発見された」として、輸入を中断している。

台湾は「中国による度重なる輸入中断措置は、両岸(中国と台湾)対立により台湾に打撃を与えようとする政治的意図だ」として、強く反発してきた。

関連記事(外部サイト)