米軍F-35Aステルス戦闘機、6機が朝鮮半島に展開=韓国軍と合同演習

米軍F-35Aステルス戦闘機、6機が朝鮮半島に展開=韓国軍と合同演習

米軍F-35Aステルス戦闘機、6機が朝鮮半島に展開=韓国軍と合同演習(画像提供:wowkorea)

米軍のF-35Aステルス戦闘機が9日間、朝鮮半島に展開し、韓国空軍と合同演習を行う。今回の訓練は、ことし5月の米韓首脳が交わした「戦略資産の朝鮮半島展開関連合意」に基づくものだ。

韓国国防部(部は日本の省に相当)は5日、「きょう(7月5日)、米アラスカ州エイールソン・エアー・フォース・ベース所属の戦闘機F-35A6機が、朝鮮半島に展開した」とし、「7月14日まで韓国空軍と合同演習を行う予定」と明らかにした。

また「同時に、米韓空軍間の相互運用性を向上させるためのものでもある」と説明した。

米軍の F-35Aが公開的に朝鮮半島に展開するのは、2017年12月以来4年7か月ぶり。当時は北朝鮮の相次ぐミサイル挑発と6次核実験後で、朝鮮半島の緊張が最高潮に達していた時期だ。米空軍のF-35AのほかにF-22ラプター、長距離爆撃機B-1Bも投入され、米韓連合空中訓練「ビジラント・エース」を実施していた。

関連記事(外部サイト)