ネットフリックス、家族以外でパスワードを共有する加入者に追加料金

ネットフリックス、家族以外でパスワードを共有する加入者に追加料金

ネットフリックス、家族以外でパスワードを共有する加入者に追加料金(画像提供:wowkorea)

ネットフリックス(Netflix)が家族以外の他人とパスワードを共有するユーザーを対象に新しい手数料体系を適用することにした。

18日(現地時間)、ネットフリックスは声明を通じて「アルゼンチンとドミニカ明らかにした。ファミリー追加を適用するユーザーは月1.7ドルから2.99ドルを追加で払うことになる。ベーシック会員の場合、他の世帯1か所を追加でき、スタンダード会員は2か所、プレミアム会員は最大3か所を追加できるようにする。

ネットフリックス側は「今回のファミリー追加機能適用による影響は少ない」と説明した。

これに先立ちネットフリックスはチリやコスタリカ、ペルーなどで家族以外の他人とアカウントを共有する場合、追加料金を支払うようにしており、今回対象地域を拡大した。

業界ではネットフリックスがパスワード共有に伴う追加料金請求対象を全世界に拡大するものと見ている。加入者減少で業績が鈍化していることによる措置とみられる。ネットフリックスはこれを通じて数千万人の新規加入者を追加できるものと期待している。

ネットフリックスは「全世界的に1億世帯以上がネットフリックスにお金を払わないと推算している。特にアメリカとカナダだけで3000万世帯に達するだろう」と指摘した。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?