休暇後初となる出勤途中に「大統領、ファイト!」…尹錫悦大統領の反応は?

支持率低下の中、初めてとなる夏の休暇を終えて8日に復帰した韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)大統領は、「大統領、ファイト!」という突発的な応援に明るい笑顔を見せた。

尹錫悦大統領はこの日午前、出勤途中に記者たちと「お久しぶりです。約10日ぶりにお会いすることになりますね」と話し始めた。

これに先立ち、尹錫悦大統領は、与党「国民の力」クォン・ソンドン代表職務代行に送った「内部発砲」メッセージが公開されて問題が浮上した先月26日以降、外部日程と夏休みを理由に出勤途中の受け答えを行わなかった。

尹錫悦大統領の休暇は、休んでもまともに休めない休暇だった。満5歳小学校入学の問題、米国のナンシー・ペロシ下院議長の訪問などで支持率低下を免れなかったためだ。

この日、「初心」を強調した尹錫悦大統領に支持率と関連するパク・スネ社会副総理兼教育部長官を含む人的刷新計画などに対する質問がされた。

そのような中、尹錫悦大統領が「国政の動力というものはすべて国民から出てくるのではないか?国民の観点からすべての問題を再び点検してよく探るようにしたい」と答えたところ、ある記者が突然「大統領、ファイト!」と叫ぶ場面もあった。

すると、尹錫悦ユン大統領は笑ってこの記者に「ありがとう」と答えた。

一方、パク・スネ副総理はこの日午後に辞任した。就任してから約1か月後の出来事となる。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?