台湾人の48.5%「中国侵攻時、米国が参戦」…37.4%は「参戦しないだろう」

中国の反発にもかかわらず台湾を訪問したナンシー・ペロシ米国下院議長をはじめとして、ジョー・バイデン米大統領など米国の最高位層の要人たちは「台湾防衛という役割を米国は果たす」と幾度も約束しているが、実際の中国による台湾侵攻時において米国の参戦を期待する割合は、台湾国民の過半数以下であることがわかった。

9日、台湾の日刊紙”中国時報”などによると、台湾のシンクタンク“中華民意研究協会”は満20歳以上1074人を対象にした世論調査の結果を発表し、“中国が台湾を侵攻する場合、米国は参戦すると思うか”という質問に48.5%が「はい」と答えた。「参戦しないだろう」という意見は37.4%であった。

若者層であるほど、米国の参戦を期待する割合が高かった。

台湾の対米・対中関係については、64%が「米国と中国の両方に対し、友好的な関係を維持すべきだ」と答えた。親米関係を支持する意見は22.4%で、親中関係を支持する意見は3.0%であった。

また、ペロシ議長の台湾訪問が米国と台湾の実質的な関係に役立ったとみている割合は53.7%であった。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?