韓国外交次官が「駐韓中国大使」と面談…“北の挑発自制”の役割を求める

韓国外交部(外務省)のチョ・ヒョンドン(趙賢東)第1次官はきょう(2日)の午前、外交部庁舎で邢海明(シン・ハイミン)駐韓中国大使と会い、中韓関係と朝鮮半島問題などについて意見を交換した。

韓国外交部によると、チョ次官は、新政府発足に合わせて中韓高位級間の円滑な疎通が行なわれていることを評価し「ことし修交30周年を迎え、両国関係が相互尊重と協力精神を基に、より成熟し健やかに発展していけるよう、双方が緊密に協力していこう」と語った。

つづけて「中韓高位級を含め各級間の交流と疎通を強化し、経済・保健・気候変動・文化など多様な分野で協力を拡大していこう」と語った。

またチョ次官は、北朝鮮が弾道ミサイル発射の挑発など域内の安定を大きく害していることに対して深い遺憾を表し、北朝鮮のさらなる挑発の自制および対話への復帰のために、中国が積極的に役割を果たすことを求めた。

これに対し邢海明大使は、朝鮮半島および域内の情勢安定の重要性に共感を示し、今後両国が各級で緊密に疎通しながら両国関係を発展させていくことに共感したと、韓国外交部が伝えた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?