韓国の国会を訪れたビル・ゲイツ氏…「感染症の国際協力」を語る

マイクロソフト社の創始者である “ビル&ミランダ・ゲイツ財団(ビル・ゲイツ財団)”のビル・ゲイツ共同理事長は、新型コロナウイルス感染症および未来の感染症への対応のためのグローバル多国間の努力において、韓国の先導的・核心的な役割を強調した。

ゲイツ理事長はすでにキム・ジンピョ(金振杓)国会議長と歓談の時間をもち、ユン・ソギョル(尹錫悦)大統領とも会う予定である。またSKグループのチェ・テウォン (崔泰源)会長との対談も予定されていて、サムスン電子のイ・ジェヨン(李在鎔)副会長とも会うのではという見方が出ている。ゲイツ理事長が韓国の国会を訪れるのは9年ぶりのことである。

ゲイツ理事長は16日午前、国会での演説を通じて「韓国は製造力とR&Dの専門性・バイオ製造人材などはもちろん、診断検査分野でも先導的な役割をしている。韓国は感染症への対応に関するグローバル多国間主義の努力において、核心的な役割をしている」と語った。

つづけて「これまで(韓国の)成果はとてつもないものだった。韓国政府はグローバル保健に対する投資のため最近、COVAX(新型コロナワクチン共同購入の国際的枠組み)に2億ドルを支援することにした。グローバル感染症退治ファンド“ATC”に対する韓国の投資は、グローバル・イニシアティブへの強力な支援だ」とし「韓国との強力なパートナーシップの下、小児麻痺・はしかのような感染症退治の役割を果たすことができ、人類を感染症から救うことができるだろう」と語った。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?