朴大統領−崔被告、433億ウォン賄賂共謀容疑を確認=特別検察チームが最終発表

朴氏と崔被告の賄賂共謀確認

朴大統領−崔被告、433億ウォン賄賂共謀容疑を確認=特別検察チームが最終発表

朴大統領−崔被告、433億ウォン賄賂共謀容疑を確認=特別検察チームが最終発表

朴大統領−崔被告、433億ウォン賄賂共謀容疑を確認=特別検察チームが最終発表

朴英洙(パク・ヨンス)特別検察チームは6日、朴槿恵(パク・クネ)大統領を崔順実(チェ・スンシル)被告のサムスン賄賂(わいろ)容疑の”共謀者”として明示し、検察に事件を移行したと発表した。

また、特検チームは9574人にのぼる”文化系ブラックリスト”作成および実行を指示した”最終上層部”が朴大統領だったと確認。これと共に、文化体育観光部の人事介入容疑を把握し、検察に関連捜査記録を移管する。

6日、特検チームの最終捜査結果の発表によると、特検はサムスン賄賂疑惑と関連し、朴大統領に ・賄賂授受・職権乱用管理行使妨害・公務上機密漏えい など3つの容疑を適用した。

関連記事(外部サイト)