日米韓高官、きょう(7日)都内で協議=「核実験強行」への懸念強まる北朝鮮への対応協議

日米韓の局長級協議がきょう(7日)、都内で開かれる。北朝鮮による弾道ミサイル発射や核開発、拉致問題などについて議論すると伝えられた。

外務省の船越健裕アジア大洋州局長が議長を務め、米国からはソン・キム北朝鮮担当特別代表、韓国からはキム・ゴン(金健)朝鮮半島平和交渉本部長が出席する。

なお、ユン・ソギョル(尹錫悦)政権の対北交渉ロードマップである「大胆な構想」推進案についても意見を交わすものとみられる。

金本部長は、それぞれ日韓・米韓協議も行った後、8日に帰国する予定だ。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?