韓国外交部、北の「核武器法制化」にも変わらぬ立場強調 「非核化は揺らぐことなく推進」

韓国外交部(外務省に相当)は、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)党総書記が「核武器の法制化」を明かしたこを受けて、 「非核化は揺らぐことなく推進していく」と明かした。

9日、韓国「聯合ニュース」によると、外交部当局者はこの日「北朝鮮の完全な非核化を推進するという韓国政府の立場は確固たるものだ」とし、北朝鮮に対しては「朝鮮半島の持続可能な平和のために核使用の脅威を中断し、われわれが提案した『大胆な構想』に迅速に呼応せよ」と呼びかけた。

同当局者は「北朝鮮の核脅威を抑制し、核開発を断念させ、対話と外交を通じて非核化を推進してくこと。総体的なアプローチを揺らぎなく進めていく」と強調した。

これに先立ち、金総書記は前日(8日)の最高人民会議の施政方針演説で「米国が狙っている目的は、われわれの核それ自体を除去しようということもあるが、究極的には核を諦めさせて自衛権行使力まで放棄または劣勢にして、わが政権を崩壊させようということだ」とし、「米国が調整してきた朝鮮半島の政治軍事的な形勢下で、一層 “核の敵主国”である米国をけん制しなければならないわれわれとしては、絶対に核を放棄することはできない」と語った。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?