プーチン氏、「部分動員令」に署名…戦線拡大へ=韓国報道

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、ウクライナ侵攻に対する軍の「動員令」を発動したことがわかった。

ロイター通信などによると、プーチン大統領は21日(現地時間)、テレビ演説に登場し、「ロシアの列島保全が脅威にさらされているとしたら、われわれは国民を守るために可能な限りすべての手段を使わなければならない。これは、決して大げさな話ではない」とし、「西側諸国が核の脅迫を続けるならば、ロシアはすべての巨大な武器の力で対応していく」と警告した。

ロシア政府はこれまで、今回のウクライナ侵攻を「特殊軍事作戦」と規定し、動員令なく軍事作戦をおこなう点を強調していた。しかし、プーチン大統領がこの日「部分動員」に対する大統領令に署名したことで、ウクライナ侵攻のための兵力、軍需物資などにおいて「強制動員」が今後なされるものと予想される。

この日、プーチン大統領は自身の目標がウクライナ東部のドンバス地域を”開放”することだとし、ロシアの統制下にある地域の大部分の人たちがウクライナ政府により統治されていることを「望んでいない」と強調。

そのうえで、ドンバス地域のドネツク人民共和国とルハンスク人民共和国、南部ヘルソン州、ザポリージャ州地域など、親露臨時行政府が今月23〜27日に推進中の「ロシア編入のための住民投票」に対して支持を表明した。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?