尹、ドイツ首相と初の首脳会談…サプライチェーン協力強化=韓国

韓国のユン・ソクヨル(尹錫悦)大統領は21日(現地時間)、米ニューヨークでドイツのオラフ・ショルツ首相と就任後初の首脳会談を行った。両首脳は、韓国とドイツの協力を強化することを約束した。

ユン大統領は同日、米ニューヨークの国連韓国代表部のパン・ギムンホールで行った会談で、「韓国とドイツは分断状況で経済発展という共通の経験を共有する国として、同じ立場で友好協力関係を発展させてきた」と述べた。

それと共に「ドイツは民主主義、人権、法治のような普遍価値を共有する韓国の核心友好国」とし「交易と投資面でも韓国とドイツ両国はEU内で最も模範的な成就を成し遂げてきた」と強調した。

ユン大統領は「1993年にコール首相がソウルに来て以来、ドイツ首相が訪韓したことがない」とし「来年、韓独交流140周年の意味深い年を迎える。いつでも訪韓していただければ大変うれしい」と提案した。

これに対しショルツ首相は「お会いできてうれしい」として「当選をお祝い申し上げる」と挨拶した。続いて「今回の会談を皮切りに韓国だけでなくドイツにも大統領を招請し、私たちがより多くの2国間会談をすることを願う」と答えた。

イ・ジェミョン大統領室副報道官は会談後の書面ブリーフィングで、「両国首脳は同日、▲両国関係の発展案▲経済安保問題▲朝鮮半島および主要国際情勢などについて話し合った」と伝えた。

両国首脳は、主要友好国として多様な分野で友好協力関係を発展させてきた点を評価した。また、韓独交流140周年を迎え、首脳級を含め各級で多様な交流を行い、両国関係が一層深まり発展できるよう努力することにした。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?