菅官房長官、韓国国会議長の「天皇陛下の謝罪」発言撤回を要求

菅官房長官、韓国国会議長の「天皇陛下の謝罪」発言撤回を要求

日本政府が慰安婦被害者への天皇陛下の謝罪問題を言及した韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長に発言撤回を求めたことがわかった。(画像提供:wowkorea.jp)

日本政府が慰安婦被害者への天皇陛下の謝罪問題を言及した韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長に発言撤回を求めたことがわかった。

日本メディアによると菅義偉官房長官は12日、会見で文議長の関連発言に対して「甚だしく不適切な内容を含むものであり、極めて遺憾だ」とし、外交ルートを通じて抗議し、謝罪と撤回を要求したと明らかにした。

文議長は去る8日に報道された米ブルームバーグ通信とのインタビューで慰安婦問題と関連し「一言でいいのだ。日本を代表する首相かあるいは、私としては間もなく退位される天皇が望ましいと思う」とし、安倍首相や天皇陛下の謝罪の必要性を挙げていた。

関連記事(外部サイト)