金正恩氏、ミサイル・北極星2型の実践配備を承認=21日の発射実験成功で

金正恩氏、ミサイル・北極星2型の実践配備を承認=21日の発射実験成功で

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は21日に発射した中距離弾道ミサイル「北極星2」型の実戦配備を承認した。北朝鮮の朝鮮中央通信が22日、伝えた。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は21日に発射した中距離弾道ミサイル「北極星2」型の実戦配備を承認した。北朝鮮の朝鮮中央通信が22日、伝えた。

通信は「今回の発射は地対地中長距離戦略弾道ミサイル・北極星2型の武器体系全般の技術を最終的に確認・検討し、部隊に実践配置することを目的におこなわれた」と説明した。

続けて「今回の発射を通じて発射体系、弾道弾の能動区間飛行時誘導および安定化体系、階段分離特性、大出力固体発動機の始動および作業特性の信頼性と正確性が確証された」と強調した。

北朝鮮は21日午後4時59分ごろ、中部の北倉付近から弾道ミサイル1発を東に向け発射した。

関連記事(外部サイト)