韓国外交部、日本側の「慰安婦合意の再検討必要なし」意見に対し「検討中」

韓国外交部、日本側の「慰安婦合意の再検討必要なし」意見に対し「検討中」

韓国外交部、日本側の「慰安婦合意の再検討必要なし」意見に対し「検討中」

国連人権最高代表部(OHCHR)傘下の国連拷問防止委員会(CAT)が、韓国と日本政府による慰安婦合意内容の不十分な点を指摘し改正するよう勧告したことに対し、日本側が反論を提起。これについて、韓国政府は「日本側の意見についても現在、検討中」と明かした。

チョ・ジュンヒョク外交部報道官は23日、定例ブリーフィングで「日本政府が国連拷問防止委員会の慰安婦関連への勧告に対し、意見を委員会側に提出したことは承知している」とし、このように述べた。

その上で、チョ報道官は「韓国政府は、国連拷問防止委員会の勧告について留意しており、諸般勧告事項に対して現在、関係部署と共に検討している」と説明した。

関連記事(外部サイト)