米韓連合司令官、北への先制打撃「不可」と明かす… 「THAAD初期構築が重要」

米韓連合司令官、北への先制打撃「不可」と明かす… 「THAAD初期構築が重要」

米韓連合司令官、北への先制打撃「不可」と明かす… 「THAAD初期構築が重要」

ビンセント・ブルックス米韓連合司令官が、米国と韓国が北朝鮮に先制打撃できない状況だと明かした

ブルックス司令官は25日、ソウル国防コンベンションセンターで開かれた安保セミナー基礎演説で「現在、米国や韓国が、北朝鮮が保有している武器体系を先制打撃することはできない状況」と述べた。

続けて「北朝鮮政権に影響力を行使することができるように、どのような方法で北朝鮮政権の弱点を攻略し、韓国に対する北朝鮮の脅威を最小化することができるか、考える必要がある」と説明。

また「金正恩(キム・ジョンウン)政権が進む方向を絶対に受け入れることはできないという立場を明かし、国家をどのように結集し、また韓国がその過程でどのような役割を遂行することができのかを模索しなければならない」と強調した。

加えて、THAAD(高高度防衛ミサイル)配備と関連して「安保には、十分な時間が与えられてはいない。できるだけ早期に構築することが必要だ」とし、迅速な配備の必要性を再度示した。

関連記事(外部サイト)