北への制裁続けるものの”対話”で解決へ=米国4大対北制裁基礎を確定

北への制裁続けるものの”対話”で解決へ=米国4大対北制裁基礎を確定

北への制裁続けるものの”対話”で解決へ=米国4大対北制裁基礎を確定

米国政府が対北政策基礎と関連し、強力な制裁を維持するものの、最終的には対話で解決するとの基礎を確定したと26日、伝えられた。

米国を訪問中のユン・グァンソク議員、キム・グァンヨン議員、チョン・ヒギョン議員らはジョセフ・ユン米国国防部対北政策特別代表と面談し、米国が先ごろ確定した対北政策4大基礎について、このような内容を含めたと明かした。

ユン議員はこの日、韓国メディアの取材に応じ「米国が現在と同様に、対北制裁・圧力を加えながらも最終的には対話で問題を解決することにし、これを4大政策基礎としたことを確認した」と明かした。

なお、同政策についてトランプ大統領も公式署名したと伝えられている。

関連記事(外部サイト)