セウォル号船内で”時が止まった”スマホ…受信は9時30分でストップ=一部の復旧に成功

セウォル号船内で発見されたスマートフォンの一部復旧 受信は9時30分でストップ

記事まとめ

  • セウォル号船内で発見されたスマートフォン2台の一部が復旧された
  • 2014年4月16日午前9時30分からは受信されたメッセージが既読されていない状態だった
  • もう1台は最終的に2014年4月16日午前9時47分まで作動していたことが確認された

セウォル号船内で”時が止まった”スマホ…受信は9時30分でストップ=一部の復旧に成功

セウォル号船内で”時が止まった”スマホ…受信は9時30分でストップ=一部の復旧に成功

セウォル号船内で”時が止まった”スマホ…受信は9時30分でストップ=一部の復旧に成功

セウォル号船内で発見されたスマートフォン2台の一部が復旧された。

セウォル号船体調査委員会は26日午前11時、第1会小委員会会議を開催した。この日の会議は、セウォル号行方不明者および遺留品収拾の現況、船体調査計画、スマホフォレンジック事例などについて協議された。

また、セウォル号船体保存の検討、貨物係側の検討および船体保存セミナー専門家の活用なども主要会議内容に含まれた。

会議を前に、船体調査委員会はセウォル号船体で発見されたスマホの内、2点に関する復旧結果を受け取った。これによると、2014年4月16日午前9時30分からは受信されたメッセージが既読されていない状態だった。このスマホは最終的に、10時01分ごろまで作動していたことが確認された。また、もう一台のスマホは最終的に2014年4月16日午前9時47分まで作動していたことが確認され、同日午前9時37分から電話を受け取ることができなかったことがわかった。

関連記事(外部サイト)