ロシア、核使用が間近か…ウクライナに向かう「怪しい露軍列車」=韓国報道

ロシア、核使用が間近か…ウクライナに向かう「怪しい露軍列車」=韓国報道

露の核使用間近の兆候と報道

ロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻において「核武器を使用」する可能性が提起されているなか、ロシアの核使用が間近に迫っている兆候があるという。韓国メディア「イーデイリー」が4日午後、報じた。

4日、英メディア「The Times」などによると、ロシア国防省の核装備専門部署と関連するものと推測される軍用貨物列車がウクライナに向かって移動するようすがロシア中部で確認された。

親露派のテレグラム(Telegram)チャンネル「rybar」がツイッター(Twitter)で公開した動画によると、大型の貨物列車が対地雷装甲車と軍用装備を積んで移動していることが確認できる。

ウクライナ戦線にはほとんど配置されていない先端軍事装備は、ロシア国防省で核装備の維持や管理、輸送および部隊配置を担当する第12総局と関連があると伝えられている。

ポーランドの国防専門分析家は「ロシア軍のこのような武器配置は、(プーチン大統領の核警告と関連した)葛藤のレベルを高める大規模核訓練の前兆と見ることができる」と分析。

また同分析家は、ロシアによる今回の武器移動が核武器配置のための動きではなく、秋に実施する定期訓練の一環の可能性もあるが、ロシアが紛争レベルを高めるための”信号”になる点も主張した。

関連記事(外部サイト)

  • 32

    大韓民国メディアは想像力が豊か。 有る事、無い事、何でも書く。

  • 31

    それは最近の報道の通りの内容だとすると、ここまで徹底的に負けが込んできては使うだろう。 しかし。 そうなれば、少なくともアメリカやイギリスは「自由主義社会の安全保障の為」として、ウクライナがどうなろうが知ったこっちゃないにしても、大規模武力介入は必至で、宇宙を主な戦場とする超高空戦がカギとなるかも知れない。 空中、地上、海上、海中およびネット等の情報戦ではすでにロシアには1ミリの勝ち目も無く、通常戦力はことごとく凄い速さで駆逐制圧されるのは自明だから、如何に核や化学兵器を撃ち込ませないようにするか、という策と攻撃、或いは迎撃手段が軍内で確立、訓練済みであるなら、寧ろ核を撃つことがロシアの国家としての本当の衰退に向かう悪手でしかないのだが、プライドがどこかの潰れかけの某大企業の社員達等がそうであるように物凄く高いから、引けないだろう。(苦笑)

  • 30

    20XX年上映の某映画のエンディング: NATOの東方拡大は双方が核ミサイルを発射してクライマックス、、、 エンディングがあまりにもわかりきったシナリオだった。

すべてのコメントを読む