米国ICBM追撃実験「成功」と発表=米ミサイル防衛局

米国ICBM追撃実験「成功」と発表=米ミサイル防衛局

米国ICBM追撃実験「成功」と発表=米ミサイル防衛局

米国国防部は30日(現地時間)、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の追撃実験を「成功裏に終えた」と発表した。

米国の地上配備型ミッドコース防衛(GMD)システムのミサイル追撃実験は、1999年から現在まで17回実施されたが、ICBM追撃実験をおこなって成功したのは今回が初めて。

AFP通信によると、米軍はこの日の発表文を通して、カリフォルニア・バンデンバーグ空軍基地から発射した地上発射型迎撃ミサイル(GBI・Ground-based Interceptor)が、マーシャル諸島・レーガン実験場(Reagan Test Site)から発射したICBM目標物の追撃に成功したと明かした。

関連記事(外部サイト)