韓国外交部2次官内定者、慰安婦合意を言及

韓国外交部2次官内定者、慰安婦合意を言及

韓国外交部2次官内定者、慰安婦合意を言及(提供:news1)

韓国外交部のチョ・ヒョン2次官内定者が就任に先立ち、韓日慰安婦合意を言及し、外交部内の個人個人が痛烈に反省しなければならないと強く批判した。

多国間外交の専門家であるチョ次官は前日、多国間や経済通商業務を総括する第2次官に内定した。

チョ新任次官は1日午後、インドから帰国するとすぐに記者らと会い「(外交部の)硬直した文化と意思決定構造により、国民の期待に沿えないパフォーマンスがでてきた」と指摘した。

彼は国民の期待に沿えない代表的なパフォーマンスに韓日慰安婦合意を挙げた。チョ新任次官は「(慰安婦合意は)非常に誤ったもので、協力の必要性を超す外交政策」とし、トップダウンの意思決定構造によるものと批判した。

関連記事(外部サイト)