北朝鮮、トランプ政権のパリ協定離脱宣言は「愚かだ」と猛非難

北朝鮮、トランプ政権のパリ協定離脱宣言は「愚かだ」と猛非難

北朝鮮が最近、パリ協定からの離脱を宣言した米国のドナルド・トランプ政府に対し、「愚かなこと」と非難した。

北朝鮮が最近、パリ協定からの離脱を宣言した米国のドナルド・トランプ政府に対し、「愚かなこと」と非難した。

北朝鮮外務省スポークスマンは6日、朝鮮中央通信社の記者との質疑応答で「トランプはパリ協定が米国に不公平で米国民に損害を及ぼすとして、この協定から離脱することを公式宣言した」と言及した。そして、「トランプが唱える米国第一主義がパリ協定離脱につながったのは、世の中を犠牲にしても自分だけ良い暮らしをするという利己主義と道徳的低熱性の極限状態」と指摘した。また、「同時に、地球環境が保護されてこそ米国も得するという道理さえ悟ることができず、近視眼的で愚かなだ」と強調した。

スポークスマンはまた、「米国の利己的行為は国際的な環境保護の努力に厳重な後日の禍を及ぼすだけでなく、他の分野でも大きな危険を招いている」とし、「朝鮮半島の核問題に対する米国の態度がその代表的実例」と主張した。

関連記事(外部サイト)