BIGBANGのT.O.Pが嗜眠状態 病院側「高二酸化炭素症は好転も嗜眠状態から回復せず」

記事まとめ

  • BIGBANGのT.O.Pの現状態について韓国の梨花女子大学校医科大学付属木洞病院が発表した
  • T.O.Pは到着当時、3人の同伴者に付き添われ、1人は上半身、2人は下半身を抱えていた
  • 瞳孔が縮小し、低酸素症、高二酸化炭素症、呼吸不全の状態だったと説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております