T.O.P(BIGBANG)が集中治療受ける病院側が会見「嗜眠状態から回復していない」=韓国

BIGBANGのT.O.Pが嗜眠状態 病院側「高二酸化炭素症は好転も嗜眠状態から回復せず」

記事まとめ

  • BIGBANGのT.O.Pの現状態について韓国の梨花女子大学校医科大学付属木洞病院が発表した
  • T.O.Pは到着当時、3人の同伴者に付き添われ、1人は上半身、2人は下半身を抱えていた
  • 瞳孔が縮小し、低酸素症、高二酸化炭素症、呼吸不全の状態だったと説明した

T.O.P(BIGBANG)が集中治療受ける病院側が会見「嗜眠状態から回復していない」=韓国

T.O.P(BIGBANG)が集中治療受ける病院側が会見「嗜眠状態から回復していない」=韓国

韓国の梨花女子大学校医科大学付属木洞病院のキム・ハンス広報室長らが、集中治療室で治療を受ける人気グループ「BIGBANG」T.O.P(29)の現状態について発表した。

韓国の梨花女子大学校医科大学付属木洞病院のキム・ハンス広報室長らが、集中治療室で治療を受ける人気グループ「BIGBANG」T.O.P(29)の現状態について発表した。

キム氏は7日午後4時、ソウル・木洞病院大会議室でおこなわれたT.O.Pの入院に関する主治医公式会見で「患者(T.O.P)は2017年6月6日12時34分に(病院に)到着した。到着当時、3人の同伴者に付き添われ、1人に上半身を2人に下半身を抱えられながら来院した」と伝えた。

続けて「来院当時、応急医学科で診察し、所見上、意識状態は一般的な刺激には反応がなく、強い刺激にのみに反応する嗜眠状態(deep drowsy)状態だった。瞳孔が縮小し、低酸素症、高二酸化炭素症、呼吸不全の状態だった」と付け加えた。

また、「これに応急処置を施し、引き続き応急処置が必要と判断したため、同日16時50分ごろ(集中治療室に)入室した。動脈血の検査で低酸素症が好転しなかった」とし、「高二酸化炭素症は好転したが、ひどい嗜眠状態であったため、神経科と精神科の診察も試みた。しかし、嗜眠状態から回復せず、正常な面談は困難だった」と明らかにした。

関連記事(外部サイト)