韓国統一部、北朝鮮船員2人を東海NLLで送還

韓国統一部、北朝鮮船員2人を東海NLLで送還

韓国統一部、北朝鮮船員2人を東海NLLで送還(提供:news1)

日本海(韓国名:東海)上で漂流していたところ、韓国当局により救助された北朝鮮船舶の船員4人中2人が9日、送還された。

統一部はこの日午前9時ごろ、北朝鮮船舶1隻と船員2人を東海NLL(北方限界線)線上で北朝鮮側に引き渡したと明らかにした。

当時、北朝鮮側では船舶1隻が待機していたが、彼らを引き渡されても特別な反応は見せなかったと当局者は伝えた。

先立って統一部は去る2日、3日に北朝鮮の船員1人と3人を乗せて日本海上で漂流中の北朝鮮船舶2隻を順に救助した。

このうち50代の父と20代の息子ら2人は救助当時、亡命の意思を示しており、韓国に残留する予定だ。

統一部は「人道的な見地とこれまでの慣例に従って本人たちの意思を尊重し処理した」と述べた。

なお、北朝鮮はこれについてまだ何の立場も出していない。

関連記事(外部サイト)