統一部、南北の民間交流について「柔軟に検討する立場に変化はない」=韓国

統一部、南北の民間交流について「柔軟に検討する立場に変化はない」=韓国

韓国統一部は12日、北朝鮮が韓国民間団体との接触を拒否する中、南北間の民間交流を柔軟に検討するという立場に変化はないと明らかにした。

韓国統一部は12日、北朝鮮が韓国民間団体との接触を拒否する中、南北間の民間交流を柔軟に検討するという立場に変化はないと明らかにした。

イ・ドクヘン統一部報道官はこの日の定例会見で「北朝鮮のミサイル挑発などについては韓米同盟に基づいて強力に対応するが、南北関係断絶は望ましくなく、民間次元での南北交流事案は対北朝鮮制裁の根幹を傷つけない範囲内で、柔軟に検討すると申し上げている。いまでもそういう方針に変化はない」と述べた。

北朝鮮は民間団体の訪朝を保留にした5日以降、接触の申請を承認していない。

関連記事(外部サイト)