延世大学で爆発、テロ疑いで韓国軍”爆発物開拓チーム”兵力を投入

延世大学で爆発、テロ疑いで韓国軍”爆発物開拓チーム”兵力を投入

延世大学で爆発、テロ疑いで韓国軍”爆発物開拓チーム”兵力を投入

韓国軍は13日、ソウル市内にある延世大学で発生した爆発と関連し、兵力を即時投入したと発表した。

軍関係者は「危険性爆発物開拓チーム(EHCT)が投入された」と明かした。

EHCTは、爆発テロと疑われる事案が発生した際、初動措置および民間人の防衛を目的として作戦を遂行する特殊部隊。軍はこの他、化学兵器テロのための化学兵器迅速対応チーム(CRRT)も運用中だ。

なお、投入された軍兵力は、延世大学近隣を作戦地域とする56師団と首都防衛司令部兵力であると報じられている。

一方、この日午前、延世大学の教授研究室でテロの疑いがある爆発が発生。教授1人が負傷した。

関連記事(外部サイト)