韓国統一部、北朝鮮の核は「米朝問題」に「核は国際問題…われわれが当事者」

韓国統一部、北朝鮮の核は「米朝問題」に「核は国際問題…われわれが当事者」

北朝鮮宣伝メディアが北朝鮮の核問題は米朝間の問題だと主張したことに対して、韓国政府が北朝鮮核問題は国際社会の問題だという立場を明らかにした。(提供:news1)

北朝鮮宣伝メディアが北朝鮮の核問題は米朝間の問題だと主張したことに対して、韓国政府が北朝鮮核問題は国際社会の問題だという立場を明らかにした。

統一部のイ・ユジン副報道官は19日、定例会見で「北朝鮮核問題は米朝間の問題ではなく国際社会の問題であり、またわれわれが当事者であることはあきらかだ」と述べた。

イ報道官は続けて「北朝鮮はミサイル、核実験などの挑発を中断して、南北関係の改善の道へと進んでいくことを促す」と付け加えた。

先立って北朝鮮の韓国向け宣伝メディアはこの日「米朝間の問題を南北間で解決できない」というタイトルの文を掲載し「現南朝鮮(韓国)当局が核問題解決を南北関係改善の基本的な前提として持ち出してくるのはそれこそ言語道断」と主張した。

また韓国政府が北朝鮮を狙った米国の核武力を引き入れ、合同軍事演習を広げながら核戦争脅威を増大させた張本人としながら「南朝鮮は朝鮮半島の核問題議論に割り込む体面も資格も実権もない」と指摘した。

さらに「本当に朝鮮半島の平和や民族の安全を望むならば、南北関係の改善や民族和解を望むならば、われわれ民族同士が力を合わせて外国の勢力の侵略と干渉策動を阻止するための政策転換をすべきだ」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)